ヘルスケアの使用例

医療トレーニング

トレーニングの質向上、研修医の信頼度アップ、過ちの低下

トレーニング

外科医の視点での HD ビデオ伝送により、解剖学や外科技術の手技を医学生に実演することで、遠隔地でのリアルタイムのトレーニングを提供します。

スチューデントドクター向け実地研修

英国の国民保健サービス (NHS) は、医療教育においてスマートグラスを使用しています。従来、研修生は現場で医師の傍らについて学んでいましたが、スマートグラスの導入によって、研修生は感染症病棟などから離れて、こうした研修を安全に受けられるようになりました。学生は教授に質問したりなど、リモートでやり取りを行うことができます。

遠隔メンタリング

学生や研修医が、医師に常時モニタリングされながら、患者さんの処置を行えるようにします。 研修生が自立と自信を得るのに役立ちます。 この方法は、学生の行動とその評価を記録するために使用することもできます。

遠隔メンタリング: 慢性創傷の治療における実用例

カリブ海に浮かぶ小島のグアドループでは、慢性創傷の経過観察に対応できる医師はごく少人数しかいません。Mukisi Mukaza 整形外科医は、遠隔診療や、患者宅で慢性創傷の消毒を行う看護師の遠隔メンタリングに XpertEye を導入しています。スマートグラスを装着した看護師が、ハンズフリーで業務を行い、手順を指導し、看護師の動きを管理する医師と直接連絡を取ります

現場を共有

医療従事者が継続的に観察し、遠隔地の学生たちにフィードバックを提供します。 外科医は、学生たちに何をすべきか、どのようにすべきかを指示し、訓練生が正確に手技を行えているかを検証、必要に応じて修正することができます。

医学生向けの「現場を共有」リモートトレーニング

スマートグラスを使用することにより、熟練の外科医は、順を追っての「現場を共有」手順を通じて医療研修生をリモートで指導できます。教授は学生に手術の動作を示すことができ、学生はリアルタイムで同じ動作を行い、それに対する意見も瞬時に得ることができます。

お客様のニーズを、当社のプロジェクトマネージャーに相談してみませんか?

始めましょう。 ミーティングを予約してください。