ヘルスケア向け

テレヘルス(遠隔医療)

ヘルスケアをもっと便利に。

救急措置

救急隊員は、事故現場をリアルタイムで通信指令員に送ることで、状況の深刻度をより正しく評価し、感情的な要素を排除。より迅速かつ適切な対応を提供することができます。

遠隔医療

ライブビデオを利用して、離れた場所にいる患者さんの診断、治療を支援します。 HDSとHIPAA準拠のスケジュール調整システムと遠隔支援システムにより、どこでも特定の専門医と相談し、患者の治療フォローアップを容易に。

テレヘルス(遠隔医療)

ヘルスケアをもっと便利に。

遠隔診療

医師は、スマートグラスを装着した現場の医療スタッフに遠隔指導を行い、医療処置に必要な情報を共有。 現場の医療スタッフは、リモートの専門家による肩越しサポートを利用して作業の効率化を図ることができます。

ライブ手術

緊急手術の場合に時間を節約。 外科医は、患者の医療記録等をスマートグラスの画面にリアルタイムで表示し、一刻を争う中患者情報に素早くアクセスできます。

医療トレーニング

トレーニングの質向上、研修医の信頼度アップ、過ちの低下

トレーニング

外科医の視点での HD ビデオ伝送により、解剖学や外科技術の手技を医学生に実演することで、遠隔地でのリアルタイムのトレーニングを提供します。

現場を共有

医療従事者が継続的に観察し、遠隔地の学生たちにフィードバックを提供します。 外科医は、学生たちに何をすべきか、どのようにすべきかを指示し、訓練生が正確に手技を行えているかを検証、必要に応じて修正することができます。

医療トレーニング

トレーニングの質向上、研修医の信頼度アップ、過ちの低下

遠隔メンタリング

学生や研修医が、医師に常時モニタリングされながら、患者さんの処置を行えるようにします。 研修生が自立と自信を得るのに役立ちます。 この方法は、学生の行動とその評価を記録するために使用することもできます。

お客様の用途について、当社のプロジェクトマネージャーに相談してみませんか?

始めましょう。ミーティングを予約してください。