インダストリー4.0の使用例

トレーニング

技術的に強化された学習を通じて、素早くスキルを身に付け、定着率を向上

順を追っての指示

作業指示書やチェックリストを素早く作成し、熟練の作業者と新人スキルギャップを軽減。

順を追っての指示

作業指示書、チェックリスト、SOP を素早くデジタル化、スマートデバイスで順を追って確認できます。Proceed は、デジタルワークフローの実行においてデータトレーサビリティ、コンプライアンスの追跡、強力な分析を提供します。

現場を共有

リモートの同僚に作業内容、作業方法を正確に示すことで、情報伝達を向上。 作業動作を正確に再現しているかを検証し、必要に応じて修正。

オン・ザ・ジョブ・トレーニング

Yamato Scale は産業用計量機メーカーです。工場では用途別に多数の機械が稼働しているため、従業員にとってすべての作業手順を把握することは困難です。スマートグラスを使えば、オフィスにいる同僚に連絡し、速やかにオン・ザ・ジョブ・トレーニングを活用することができます。

ビデオを見る

オン・ザ・ジョブ・トレーニング(OJT)

専門家の経験をスマートグラスやスマートデバイスを装備した研修生に伝授、新人作業者の知識習得をスピードアップ。

「現場を共有」トレーニング

Michelin ではスマートグラスを導入してリモートで専門家から適切なトレーニングを受けることにより、特殊な切断技術を行う施設の混雑を解消し、その有効性が実証されました。専門家はタイヤの適切な切断方法を示し、適切な作業法が採用されているか瞬時に確認できます。

ケーススタディを読む

スキルの向上

現場の作業を妨げず、必要な情報を必要に応じて共有し作業を効率化。

スキルの向上

ドア開閉関連のソリューションを提供する企業、Assa Abloy は、XpertEye を使用して、必要とされる役立つ情報を提供するオンラインサポートにより、新しい従業員を指導しています。これにより、従業員に継続的にトレーニングを提供できるため、スキルの向上につながっています。

ビデオを見る

お客様のニーズを、当社のプロジェクトマネージャーに相談してみませんか?

始めましょう。 ミーティングを予約してください。